シノケンハーモニーの評判を見た!

不動産投資会社考察サイト

HOME » 私がマンション投資を始めた理由 » 将来の資産形成

将来の資産形成

老後の生活をイメージしよう

安定した老後を送るには?

普通のサラリーマンとはいえ、老後の不安が全くないわけではありません。
サラリーマンという仕事は決して楽ではなく、
自らの体と精神を削りながら、なんとかこなしているというのが現状です。
一体いつまで健全な状態で仕事を続けることができるのか…

通常のサラリーマンよりも早めのリタイヤを余儀なくされるかも知れません。

そうなってくると、老後のための備えが必須です。
当然のことながら早めのリタイヤであれば、国による支援などあてにできるはずもなく。

『自ら生活資金を積み立てていく』のか、
もしくは『年金に代わる月々の保障を用意するか』になります。

私が選んだのは後者。
不動産投資による家賃収入での生活を考えています。

十分な生活を送るには、節約生活をしたとしても300万程度は必要となるでしょう。

社会情勢は変化する

少子高齢化社会が、今後どんどん加速していくと、
今現在想定されている枠組みを超えた、不安定な社会情勢に陥るとも言われています。
実はこのことは現在にも当てはまること。

今から30年前から年金だけでは暮らせず、野宿を余儀なくされる老人が出てくることを
誰が想像していたでしょう???
おそらく誰もが国からの援助によって、
満足とはいかなくとも、住む場所に困ることはないと思っていたはずです。

仕事をしながら老後を過ごすなど、
バブルまで体験してきた世代の方にとっては信じられない出来事のはず。

今現在、この程度の備えで十分だろう・・・、と私も予測をしてはいます。
このサイトでも具体的プランとして話に出てくることがあるでしょう。
しかし、その話はあくまで現在の社会情勢においての試算であることを忘れないでください。
備えはどこまで行っても万全とはいかないものです。

コストを抑えた資産形成

シノケンハーモニーのサブリース物件の具体的プランをもとに、
不動産所有がいかに将来のための備えに最適なのかを紹介していきます。

この試算は現在の低金利状態だからこそ、オーナーの負担額を極力抑えられるのです。
つまり、30歳から40歳の働き盛りが、今契約をすれば、ちょうど老後を迎える頃に、
家賃収入という確かな不労所得を得ることが可能となるのです。

国からの保障のみでは、老後は暮らせません。
働きながら老後を過ごすのか、今から保障を準備するのか。
どちらが賢い選択といえるでしょうか?

実際にシュミレーションしてみました。

家賃収入:約102万円+減税額(年額):約35万円=年間収入:約137万円
※物件取得に年間約137万円までとするなら、他人資本での物件所有が可能
↓↓↓
最大35年間の家賃保証 ※シノケンハーモニーなど、契約内容や場合によって保証されないものもあります。
↓↓↓
ローン支払い後は年額約100万円の家賃収入が永続的に!
※あくまでシュミレーションです。何ら保証するものではありません。
 
ページの先頭へ
HOME » 私がマンション投資を始めた理由 » 将来の資産形成
シノケンハーモニーの評判を見た!