シノケンハーモニーの評判を見た!

不動産投資会社考察サイト

HOME » 注意すべき業者を見抜くコツ » しつこい勧誘

しつこい勧誘

不動産業者の電話営業

不動産投資:どんな会社に頼めばいいの?タイミングさえ合えば、ご神託とも言える営業電話も、多忙のさなかであっては迷惑なだけ。
日本の営業マンたちの苦労をお察しします。

とはいえ、暇な時であっても困ってしまうケースもあります。
期末のタイミングに合わせて営業電話は多くなる傾向があります。
営業手法ではポピュラーなため、会話で社員教育のレベルが浮き彫りになりやすいもの。

いつか所有する時のためにも、
こういったことから業者を知っておくというのも一つの手段です。

迷惑な勧誘電話

  1. ありえない利回り!そんなにいい話なら自分でやってください。
  2. 会う時間がないと告げると、電話で全てを説明し始める。
  3. 資料を送ってと頼んでも、未送付。後日再び営業電話。
  4. 自分で情報収集する余地がない(詳細を明かさない)。
  5. 運用データで甘い(高い)家賃設定となっている。
  6. 販売価格が下落しているの一点張り、今後の展望が読めない。
  7. 他の投資商品と比較したいのに、一方的にまくし立てられる。

業者が電話に頼るとき

どんなに窓口を広く構えていても、上客が飛び込んで来てくれるような時代は終わりました。
特定の物件を売り切りたいときに、電話によるローラー作戦は確かに有効。
費用対効果を考えてみても、納得できます。

しかし、顧客として電話を受けた際、「こういった物件なら~」と注文を出したとしても、電話先の営業さんは、全く対応が出来ません。

なぜなら特定の物件のみのためのローラー作戦だから!

もし業者に興味がある場合はこういった相手先の事情を察し、
「その物件は興味がありません」と断ってしまうのが一番でしょう。

中途半端に別の条件なら・・・、と電話を長引かせてしまっては、
双方にとって何のメリットもありません。

強引な勧誘電話

人によって、断ることにストレスを感じてしまうことがあります。
相手の事情を考えすぎたために、
いつまでもハッキリとした言葉を告げずにダラダラ・・・。

話をしているうちに、相手に有益となる年収や家族構成といった情報を与えてしまい、
それが致命傷となることも。
狙えると踏んだ業者は今後も続けて電話をしてくることでしょう。

このような事態を招かないためにも、
自分の確かな意思を伝える練習をした方が良いでしょう。
迷惑だなと思う電話に対して、あなたがいい人でいる必要は全くありません。

意思を伝えるのが困難であれば、無言のまま電話を切ることでも良いのです。
こういった電話セールスの場合、中途半端な態度に対するマニュアルがしっかりあるのです。
相手はマニュアル通りにトークを進めてくることになります。

時間を無駄にした上、会話から情報を渡してしまうリスクも考えれば
断るなら早めが鉄則なのです。

 
ページの先頭へ
HOME » 注意すべき業者を見抜くコツ » しつこい勧誘
シノケンハーモニーの評判を見た!